calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

ロリポップレンタルサーバ

カラーミー

グーペ

お名前.com

ANA ToMeCard

◆ Raspberry Pi 3とRaspberry Pi zeroを購入

0

    仕事がずっと忙しくて、約1年ぶりの投稿である。時間のたつのが速い!

    Raspberry pi3が2016/02/29に発売され、さらに5$のRaspberry Pi zeroが 発売されたのを知り、最新のraspiが急に欲しくなり、KSYで衝動買いをしてしまいました。まず購入したのが、4,860円のRaspberry pi3を購入。5,000円を超えると送料が無料になるので972円の透明のケースと一緒に購入した。

    さらに、Raspberry Pi zeroの販売も開始されていたので、こちらも648円で購入した。送料が756円もして(合計1,404円)、本体の価格より高くてビックリだがここで購入を躊躇すると、入手できなくなると思いこちらも購入した。(実際5/1現在、在庫切れの状態である)

    また、Raspberry pi zeroは接続端子が小型でアダプタ等が無いと標準のUSB機器に接続できないので、Amazonで以下のものを購入した。

    ■アクリルカバー(¥130)

    ■USBマイクロBオスをAメスに変換するケーブル(¥499)

    ■HDMIのミニから標準に変化するアダプタ(¥115)

    ■8GBmicroSDHCカード(¥540)

     

    Raspberry pi zeroはUSBPortが1つしかないので、USB接続のキーボード、マウス、WiFiアダプタは、USBハブを経由して複数機器を接続した。またRaspberry pi zeroは、GPIOの箇所は自分でハンダつけが必要なため、私はピンソケットをここにはんだ付けした。


    ◆ 強風で風車のブレードがもぎ取られる

    0
      2016/5/11の千葉県北東部は、風速15mから20mの強風が吹き荒れた。このせいで風車のブレードがすべてもぎ取られ右の写真のようになってしまった 。ブレードとの接続は角材を接着剤で円盤台に貼り付け後ろから木ねじ2本で留めたのだが強度が足りなかったようである。円盤台と角材の固定には円盤台の塗装後に接着剤で固定したのも強度を弱めることになったと思われる。それにしても自然の力に驚かされた出来事だった。

      新しく作りなおすブレード固定用の円盤台には、右図のような三角柱2個を円盤台の表と裏に配置し、ここにビスナットでしっかり固定する予定である。ブレード固定用のステンレス板には4mmの穴があいているのでここにビス通して円盤の裏側からナットで固定する方式とする。円盤台は強度アップのため9mmのシナベニヤを使用するつもりである。また、今回のブレードの傾き角度は27度としている。

      ◆ DC-ACインバータ(正弦波モデル)を新調する

      0
        バッテリの12Vから、AC100Vに変換するにはインバータが必要だが、いままで費用をケチって矩形波のインバータで使っていたのだが、TV等に使用するには矩形波でも全く問題ないのだがLED蛍光灯に使用すると、点滅して使い物にならないことが分かった。 使っていたのはCellStar HG350で価格は2,980円である。初めて買ったのが2012/8だったが約3年ほど使ったが壊れてしまった。

        そこで、昨年同じ物を買い換えたのだが、矩形波の出力が異なるらしく同じものでも以前は、LED蛍光灯も問題なく使えていたのだが新しいものは使えなくなってしまった!?
        今度新たに購入する製品は、正弦波出力で日本の電菱製(SK350:メーカー希望価格¥39,800)の製品を買うつもりだったのだが...ネットで検索していると、どうしも中国製の安価な製品に目がいってしまい結局、 beamtecで販売している500W出力の製品を購入してしまった。(価格¥12,421)
        購入したインバータは、電源ON/OFFをリモートで行うため、ケースを開けSWを外してSWの線を延長するように改造しているのだが(右の写真)、このとき中の様子をみると、やはり中国製の手作り感と結線の雑な感じがぬぐえなかった。しかしながら動作は正常なので良しとしておこう。ただしいつまで動くかがちょっぴり心配だが... 。

        ◆ 日光 男体山登山

        0
          尾瀬の至仏山に行こうと考えていたのだが、直前にGW明けから6末までは入山禁止であることを知り急遽予定を変更して日光の男体山に行く事に変更した。男体山は中禅寺湖のほとりにそびえる標高2,484mの死火山である。この山へのアプローチは中禅寺湖畔の二荒山神社の境内を経由して登るか、戦場ヶ原からの登るかの2ルートで、今回は距離も短い中禅寺湖畔の二荒山神社から登るルートをチョイスした。

          都内を午前0時半に出発し、首都高、東北自動車道、日光宇都宮道路と乗り継ぎ、いろは坂を上って中禅寺湖畔には午前3時に到着した。仮眠をとって5時半から行動を開始したのだが、二荒山神社の門は6時から開くので、30分間は開門を待つことになった。また二荒山神社経由の登山は入山料(拝観料?)が500円必要で、山に登るのに入山料を払ったのは昔に千葉の鋸山以来であった。

          男体山は、中禅寺湖のほとりから登り始めるので頂上までの標高差は、約1,200mオジサンの私にとっては結構ヘビーな登山であった。しかしながら小学生の子供づれの家族で登山している人も何組か見かけられ、自分の体力の無さを改めて実感してしまった。私は上りの途中で足がつってしまい、ちょっぴり歩けなくなることもあり、もっと筋力をつけて痩せなければとその時は痛感していた。悲しい

          今回は天候にめぐまれ男体山の山頂は広くて、沢山の人が食事していた。眺めもよくて右の写真の日光白根はもとより、すぐ後方には右上の写真の太郎山や、女峰山が見渡せさらに遠方にはまだ雪を覆った尾瀬の燧ヶ岳、 至仏岳も見渡すことができた。日光連峰であと登ってないのは女峰山ぐらいなので、紅葉季節にでも是非またきてみようと思っている。

          き今回の行程は下記の通りである。
           2016/5/15(日) 太陽 ほぼ無風状態

          06:00  神社 二荒山神社    
          07:03 4合目(林道終了) 
          10:00 山男体山頂上(お昼&お昼寝)   
          11:30 下山開始
          02:30  神社 二荒山神社

          ◆ 電球型 12V仕様のLEDライトを作る

          0
            Amazonで購入した10個で122円のLED (1W仕様) を使って、昔の裸電球型のLEDライトを作ってみた。この1W仕様のLEDはMax電流が300mAらしい(?)のだが、今回は熱対策はしないので最大値の1/5の60mAで動作させる。回路は単純にLEDを4つ直列に接続して20Ωの抵抗を接続しただけである。最初は電球の口金に+−の区別なくいずれをつないでも動作するようにブリッジダイオードをつないだのだが、電圧降下が大きすぎるので外してしまった。

             
            電球型の器には100均で購入したプラスチック製の醤油さしを使用し、ここに角材の4面にLEDを配置したものを固定して全方向に光が放射されるようにした。写真は光ってしまっており少々見ずらいが、外観のイメージはわかると思う。60mAで動作させているがそれなりに明るく、秋月で購入した照明ユニット(12V-50mA)で作成したLEDライトより明るく、さっそく外灯の電球として使用している。
             

            ◆ 100均の「招き猫」を24時間動作させる

            0
              100均で売られてる招き猫は、小さな太陽電池モジュールで招き猫の手が動作する仕組みです。仕組みは開けてみればわかりますが太陽電池で発電した電気でコイルに電流を流し、手招きの手の内部は振り子状になっていて永久磁石が先についており、この磁石がコイルの磁界を通過するので反発で左右に振れ、それで猫の手が上下に動くというわけです。
              太陽が差し込む場所や、電灯の下に置けばずっと手招きをし続けるわけです。そこで夜はLEDが点灯して招き猫の太陽電池を照射して24時間手招きを続ける招き猫をつくりました。右の写真のように瓶の中に招き猫をいれて、蓋の部分に太陽電池を取り付けて、昼間は単3タイプのNiMHに充電して夜はLEDが

              点灯して招き猫の太陽光モジュールを照射して招き猫が動作するという仕掛けです。
              使用したLEDはAmazonで購入した激安LEDで10個で226円(現在は122円)の1WのLEDを使用しています。3.5Vで300mAの仕様ですが、今回は電流を15mAで使用しているので放熱対策も不要です。このLEDは1W相当で点灯させると非常に明るいですが、放熱対策をする必要があります。また中国製のこのLEDは最大値で使用し続けるのはLEDの寿命が心配です。(ただ安いので気にする必要はないのですが...)
              しかしながらとっても明るくて非常に気に入っています。先日値段も約半額に値下がりしたので、さらに20個注文しました。(でもたった224円です びっくり

              き24時間を招いてくれているので、今年はいい事あるといいな...

              ◆ 冬の赤城(黒檜山)へ

              0
                建国記念日(2月11日)の日本列島は、高気圧が張り出し晴天に恵まれるという天気予報を受けて、久し振りに山に行ってきました。日帰りで簡単に行けてあまり大変でなく、雪山が体験できそうな場所として選んだのは、上州赤城山(黒檜山)である。ここは車で大沼(カルデラ湖)の湖畔まで行けて外輪山の黒檜山まで400mほど登るだけで、運動不足で鈍った体で登るにはちょうど良いと思ったからである。

                朝7時前に都内を出発したので、練馬から関越自動車道経由で前橋で下車し、赤城山までは3時間もあれば行けると踏んでいたのだが...さにあらずで、関越道で渋滞にハマって前橋に着いたのが11時頃になってしまった。さらに大沼の湖畔までは車の滑り止めチェーン無しで行かれるかと思いきや、やはり無理で、先月Netで買った安物の非金属タイヤチェーンを装着しなければならない羽目になってしまった。

                昔は金属チェーンが主流で簡単に取り付けできたのに、上の写真のような非金属チェーンは取り付けが難しく、結局取り付けに30分もかかってしまった。(後で知ったのだが、本来はジャッキアップして取り付けるのが基本らしい)そんなこんなで、結局登山口近くの駐車場に着いたのは、12時を回ってしまい、当初は黒檜山と駒ヶ岳をめぐるルートと思っていたのだが、時間がないので黒檜山のみを登ることにした。

                今回初めて使ったのが、車の非金属チェーンだけでなく、登山靴に装着するアイゼンも「チェーンスパイク」と呼ばれている着脱が非常に簡単なアイゼンを初めて使ってみた。ツメの長さは1cm程度なのだが一応8本ツメなので有効だろうと、12本ツメの普通のアイゼンは持って来ていたのだが、あえて試しでこの簡易アイゼンを試してみた。(1枚目の写真を参照!)

                結果からいうと今回のような雪がある程度深い場所ではこのアイゼンはほとんど意味をなさなかった。緩斜面ならまだ少しは有効だが、急斜面や下り坂では「アイゼンを付けていないよりはマシかなあ」程度で駄目駄目であった。undefined しかしながら今回天候には恵まれ、快晴・無風状態でこんなにいい条件で山に登れるのは非常に稀である。気温は−4℃だが日差しが強く暑いくらいであった。久々の登山で雪山を満喫できとても良い1日を過ごすことができた。

                赤城山登山ルートタイム 2/11(木)  快晴 無風
                12:15  駐車場
                14:25  尾根分岐
                14:30  赤城山到着 (1828m)・・・お昼
                15:30  赤城山出発
                16:15  駐車場

                ◆ 壊れた風車のブレード復活の第二歩

                0
                  塩ビ管で作ったブレードです。塩ビ管は直径は125mm長さ1mで厚みが2.5mm(?)のものを購入して作成しました。これを長さ450mmにカットし、さらに半分にすると半円状のものが4つできるので、さらにこの半円部分を斜めに線を引いてカットします。これで8個分のブレードできました。あとは隅をカットして完成です。しかしこれだけではビスの取り付ける箇所の曲率が大き過ぎるので、お湯に付けて塩ビ管を平らにしました。熱湯ならあっという間に平たく加工することが可能です。
                  あとは4mmのビス穴をドリルで開けて、固定する円型の台に固定すれば完成である。

                  ノーズコーンは、100均のプラスチックボールを角材の形(台型)にカットして押し込むだけで完成です。ビス止め等は行わず角材のサイズ幅ピッタリの幅でカットすれば、きつめに押し込むようになるので少々の風ではとれません。1年風車を動かして取れたのは1回だけでした。ブレードは着色したほうがよかったかもしれないのですが、木でないので腐ることもないのであえて着色はしませんでした。
                  (単に手抜きともいえますが...)
                  ブレード固定用の4mm×30mmのネジは、少々高価ですが錆びないステンレスのネジを使用しています。

                  ビス長が少し長すぎて見た目は悪いでが、大は小を兼ねるで良しとしています。実は長めのネジを買ってしまい、交換しようとも思ったのですが面倒なのでそのまま使うことにしました。
                  それにしても固定用のステンレス版を4mm厚にして、シナベニヤで作ったブレードを、塩ビ管をカットしたブレードにしたことで相当重さは増えています。シナベニヤの箱の内部に入れているバッテリーも後方に移動したのですがそれでもバランスが取れていません。そこで暫定で後ろにペットボトルを取り付けてバランスをとることにしました。右下の写真の尾の部分にあるペットボトルは中に砂を入れてバランス調整をし、ビニールテープで固定しています。(暫定ですが...)

                  近いうちに尾の部分は短くして重さを調整して作り直す予定です。暫定で立ち上げた風車ですが、やはりブレードの形状が湾曲しているせいで風を受けやすくなったらしく、良く廻るようになりました。せっかく作りなおしたのだから羽の枚数をもっと多くすればよかったとチョッピリ後悔しています。
                  またヨー軸との接続をキャスタで作っていますが、風車全体が重くなってチョッピリ不安があります。今度作る時は金属でしっかり作ってみようと考えています。

                  ◆ 壊れた風車のブレード復活の第一歩

                  0
                    ブレードが壊れた件の補修作業だが、何かと忙しくて作業が進んでいない。それでも少しだけ作業が進んだのでブログに記載することにした。
                    今回の補修は壊れたブレードだけでなくハブダイナモを固定する所から補修作業を行うことにした。まずは、けっこう重いハブダイナモをベニヤ板に固定する方法だが、いままではボックスの内側にアルミ板を配置してここにハブダイナモの軸を固定していたの

                    だが、今回内側だけでなく外側にもアルミ板を配置して両側から固定するように変更を加えた。こうすることでナットの締め付けを固くでき、しっかりとハブダイナモが固定することができるようになった。右の写真は、バッテリ等が入る内部の様子だが1年ちょいでかなりカビも散見され、湿気が入り込んでいる様子がよくわかる。また外側の塗装もかなり塗装が剥がれており、今回再塗装が必要と思われる。

                    ブレードを固定する円型のシナベニヤと、100均で購入したアルミ板(2mm)を2枚重ねにして、ブレードを固定するための円盤が完成した。アルミ板が倍になったので重さも結構増えた、またブレードを2.5mm厚の塩ビ管をカットして作るので、今までのシナベニヤに比べてさらに重さが増えそうである。バランス調整も再度行わないとブレード側が重すぎて前のめりになってしまいそうである。いろいろと手を加えないと復帰できそうになく、まだまだ時間がかかりそうである...

                    ◆ 筑波山 ご来光登山

                    0
                      以前から御来光登山を考えていた筑波山だが、100%日の出が見られないと、せっかく登っても意味がないので毎週天気予報とニラメッコをして、週末で確実な日を見定めていた。11/28(土)の朝は西高東低の気圧配置で関東平野では晴天が見込まれると判断して、都内を午前2時に出発し筑波山の「つつじヶ丘駐車場」に向かった。ここは、標高542mあり筑波の女体山(877m)との標高差は335mしかなく、昼間なら

                      ハイキングコースで、誰でも登ることができる場所なのだが、夜間登山なので若干大変だろうと予測していた。駐車場に着いたのが午前4時10分、本来ならもっと早く着いていたのだが、高速のサービスエリアで一緒にいったKTが腹ごしらえをしてからと、真夜中にそばを注文したらやたらと時間がかかり、その結果到着が遅延してしまった。それでも、4時20分に駐車場を出発して女体山の山頂に到着したのが5時35分で

                      1時間15分で着いてしまった。楽勝な登山であった。ただし個人的にはヘッドランプの明かりが暗く、足元が見えずらくLEDの懐中電灯と併用することでどうにか明るさを確保できた。次回の為にもう少し明るいヘッドランプを購入したほうがいいと痛感した。
                      さて、山頂に到着した5時半には、数名しか人がおらず所詮こんな時期の御来光登山なんてやる奴なんて少ないんだろうと思っていたら

                      然にあらずで日の出時間の6時半(正確な日の出時間は6:28)には数十名の人で山頂が埋め尽くされて、人の多さにビックリしてしまいました。写真でもわかる通り、東の地平線は朝焼けで真っ赤で、反対方面は夜景が広がっていた。独立峰の筑波山は関東平野が一望でき、もし月がでていない時期ならさらに満天の星空も望めたのだが、残念ながら偶然にも満月の時期で星空を臨むことは叶わなかった。残念!

                      筑波山は、奇岩が多く数多くの名前が付いた岩が存在する。その一つが右の写真で「弁慶七戻り」という岩がぎりぎりで落ちそうで落ちないバランスが保たれている場所である。
                      他にもこの登山コースだけでも下記のような奇岩が存在し、ゆっくりハイキングをしてこんな奇岩を見ながら登るのも面白いかもしれません。
                      「高天原」、「母の胎内くぐり」、「国割り石」、
                      「出船入船」、「裏面大黒」、「北斗岩」、「屏風岩」

                      今回の夜行登山 11/28(土)  -3℃(山頂)

                      | 1/30PAGES | >>