calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

ロリポップレンタルサーバ

カラーミー

グーペ

お名前.com

ANA ToMeCard

◆ 日光 男体山登山

0
    尾瀬の至仏山に行こうと考えていたのだが、直前にGW明けから6末までは入山禁止であることを知り急遽予定を変更して日光の男体山に行く事に変更した。男体山は中禅寺湖のほとりにそびえる標高2,484mの死火山である。この山へのアプローチは中禅寺湖畔の二荒山神社の境内を経由して登るか、戦場ヶ原からの登るかの2ルートで、今回は距離も短い中禅寺湖畔の二荒山神社から登るルートをチョイスした。

    都内を午前0時半に出発し、首都高、東北自動車道、日光宇都宮道路と乗り継ぎ、いろは坂を上って中禅寺湖畔には午前3時に到着した。仮眠をとって5時半から行動を開始したのだが、二荒山神社の門は6時から開くので、30分間は開門を待つことになった。また二荒山神社経由の登山は入山料(拝観料?)が500円必要で、山に登るのに入山料を払ったのは昔に千葉の鋸山以来であった。

    男体山は、中禅寺湖のほとりから登り始めるので頂上までの標高差は、約1,200mオジサンの私にとっては結構ヘビーな登山であった。しかしながら小学生の子供づれの家族で登山している人も何組か見かけられ、自分の体力の無さを改めて実感してしまった。私は上りの途中で足がつってしまい、ちょっぴり歩けなくなることもあり、もっと筋力をつけて痩せなければとその時は痛感していた。悲しい

    今回は天候にめぐまれ男体山の山頂は広くて、沢山の人が食事していた。眺めもよくて右の写真の日光白根はもとより、すぐ後方には右上の写真の太郎山や、女峰山が見渡せさらに遠方にはまだ雪を覆った尾瀬の燧ヶ岳、 至仏岳も見渡すことができた。日光連峰であと登ってないのは女峰山ぐらいなので、紅葉季節にでも是非またきてみようと思っている。

    き今回の行程は下記の通りである。
     2016/5/15(日) 太陽 ほぼ無風状態

    06:00  神社 二荒山神社    
    07:03 4合目(林道終了) 
    10:00 山男体山頂上(お昼&お昼寝)   
    11:30 下山開始
    02:30  神社 二荒山神社

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック